つくる日々



ブログを休んでいるあいだ
大作を作ったのはコレいちまい


体調を崩したときもあり
つくる気力や体力、好奇心が
なくなった時間があった










f0032265_20074768.jpg

                         雨の日に







今はもっとゆっくり
もっとのんびりとつくるものに向き合っていきたい







f0032265_13263118.jpg






ちいさな染め布のはぎれに
自由に張り付け
自由に縫う


いちまいいちまい小さなキャンバスに張ったり
つなぎ合わせて
大きな布にできるかもわからない


そしていつか
夫と二人展をしよう

などと考えている


  


# by mariko0204 | 2019-05-06 19:32 | 暮らし | Comments(0)

マロンとネモフィラ





マロン13才、元気にしています。





f0032265_21130823.jpg

年を取って、前より甘えん坊になりました。

# by mariko0204 | 2019-04-30 21:15 | | Comments(2)

2年半年ぶりで・・・




教会の「月曜山の会」に加えてもらい
毎月曜日に滋賀の里山を歩いています。

山で出会う「草のいろ」を
何かのかたちで記録しておきたいと思い

ブログ再開を思いつきました。





f0032265_20475070.jpg



f0032265_20480638.jpg


昨年4月に歩いた多賀町の高取山のみつばつつじ






# by mariko0204 | 2019-04-30 20:58 | 自然 | Comments(0)

紅葉公園へ




梅雨が明け、夏が過ぎ、晩秋から初冬と呼ばれる季節になりました。


その間、日々の小さなできごとを載せようとするも
書くことが好きだったのに
なぜか思うように進まなく、アップするに至りませんでした。

あっという間に4か月が過ぎ

それでも毎日どなたかが訪ねてくださって
嬉しいやら恐縮するやらであります。


きょうは夫に誘われ

裏から見えるきぬがさ山(観音寺山)にある
かつて近江商人が私財で造ったという紅葉公園を歩いてきました。

紅葉は少し遅かったようですが
写真だけでも載せ、元気でいることをお知らせしたいと思います。



f0032265_20475631.jpg



f0032265_2048177.jpg



f0032265_20483581.jpg




f0032265_20511079.jpg




f0032265_2281261.jpg
水は落ちてなかったが滝がある



f0032265_20545960.jpg
おにぎりと熱いお茶とおやつをもって


f0032265_20541570.jpg
展望台より
→のあたりがわが家のあるところ


f0032265_22273553.jpg



f0032265_205763.jpg
公園を歩いた後、この神社の横から山へ


f0032265_20572115.jpg



f0032265_2058745.jpg
落ち葉が足に柔らかく



f0032265_2105586.jpg




f0032265_212049.jpg




f0032265_2123727.jpg
「白洲正子が愛したかくれ里」として有名な教林坊が左手すぐ



f0032265_2134367.jpg




f0032265_2135956.jpg




f0032265_2217793.jpg




f0032265_21553743.jpg
公園も山も人は少なかったが、紅葉が美しい教林坊はたくさんの人でにぎわっていた







14000歩の山歩きでした。




帰ってくると
このヒトが待ちわびて
f0032265_22291673.jpg


f0032265_22293581.jpg
マロンも元気です。
# by mariko0204 | 2016-11-25 22:19 | 自然 | Comments(6)

梅雨あけ





f0032265_23264535.jpg





f0032265_23273044.jpg





f0032265_23275816.jpg

# by mariko0204 | 2016-07-18 23:29 | 自然 | Comments(6)

よいしょ


近くの信用金庫の青年が
毎月、定期積立の集金にやってくる。

わずかな金額の二年満期で
40年続けているが積立金は何も残っていない。

子どもたちが小学生のころは、夏休みのキャンプ旅に
その後は授業料の足しに
こどもたちにお金がかからなくなってからは夫とふたりの旅に

全部使ってしまった。

近頃は

庭の剪定や古い家の修理に要ってしまう。
↑この部分
これまではしげさん達(義父母)が負ってくれていたのだった。

わたし達はなにも気がつかず
のんきに暮らしていたものだと
今頃になって申し訳なかったと反省している。




「よいしょ」のはなしだが


信用金庫の180センチはあろうかとおもえる青年が

渡したお札を鞄に入れるとき小声でよいしょ
証書に受領印を押すとき小声でよいしょ
タブレットに入力するときもやっぱり小声でよいしょ
最後に重そうな鞄を持ち上げるときによいしょ

と言って

丁寧にあいさつをして帰っていく。



彼の「よいしょ」が気になって
わたしはどういう時によいしょと言うか気にしてみたところ



草むしりをして立ち上がるとき
野菜を収穫して立ち上がるとき

重いものをもって階段を一歩上がるときなど




よいしょは
やっぱり力の要るときに使う掛け声なんだろうな~。



     心に満ちていることを口が話すのです。
                     マタイ12:34






        *************





f0032265_2046456.jpg



f0032265_2182378.jpg
雨が降るまでに




野菜を収穫した
f0032265_2049064.jpg


トマトは雨にあたるとひび割れてしまうので、完熟ではないが採ってきた。
ことしは野菜の生育が悪い。病気が出たり虫にやられたり・・・

きょうはこれだけだった。

でもスイカは、見える範囲だけでも10個大きなのが生っている(^-^)
# by mariko0204 | 2016-07-13 21:16 | 暮らし | Comments(2)

マツコさんのふく



 「マツコさんが着てはるような服を作ってほしい」

信仰の友E子さんに頼まれた。


(以下の文、画像はE子さん了承のもの)


腕が上がりにくくなり着替えがし辛くなった。
マツコ・デラックスさんが着ている貫頭衣のような服なら
お出かけの時パジャマの上からガボッと被れ
お世話する人の手を煩わすことが少ないのでは、
という要望で


衿なし

袖なし

とても簡単な
ケープを作ることになった。


f0032265_21335218.jpg

       礼拝堂にて T牧師撮影




ピンクの好きなE子さん
サーモンピンクの布はたった200円。
ひざ掛けの布はSさんからもらったもの。

f0032265_22125234.jpg
背中はじゃまにならないよう短くして
f0032265_2157308.jpg




バラの花が大好きなE子さん
かわいいバラの花模様で。

f0032265_22162897.jpg
f0032265_22202165.jpg


同じ形で2枚作った。
お出かけが楽しくなればいいな~、と思いながら






一か月の半分を入院治療、後の二週間は自宅で過ごしておられる。


病室は高齢者が多く
ほとんど会話のない部屋だったが、E子さんが誰彼となく声をかけると
黙っていた人たちがこれまでの人生の苦難をぼつぼつと話されるのだと聞く。

E子さんから聖書をはじめて聞いた同室の方が、教会へ連れて行ってほしいと言われたそうだ。
それはちょっと無理なこと
で、牧師がみことばの出前(?)をされているそうだ。

自由に動くことはできないE子さんだが、みことばはあちらこちらと
羽が生えたように遠くまで飛んでいくのである。



「わたしは口から生まれたの」という彼女は
よくしゃべり、よく食べる。
賛美歌も大きな声で歌う。

ときどき病気であることを忘れるほどである。


つらいことはたくさんあるだろうに
いつも喜んで感謝される姿に
励まされることが多いわたし達である。



教会には「ハレルヤ食堂」というのがあり
毎日曜のお昼ごはん(デザート付き)が200円で提供されている。
お料理上手な人たちがいろいろ工夫して美味しいごはんを作ってくれるのだ。
男性陣(モーセ会)が作る週もあり
その日はカレー限定、お肉ゴロゴロでとってもおいしい。


わたしはたまにだが

ひとり暮らしの人や、クリスチャンホームの人たちは
礼拝の後ここでお昼を済ませる人が多く
ハレルヤ食堂はいつも大繁盛である。




E子さんのお昼ごはんはいつもだれかが介助をする。

車椅子も誰かが押す

細々としたお世話も傍にいる人が何気なくされる。



なんと麗しいことか。




       主はすべてのものにいつくしみ深く
       そのあわれみは
       造られたすべてのものの上にあります。
                      詩編145:9
 




    
# by mariko0204 | 2016-06-25 21:59 | | Comments(6)

きょうの畑のようす



f0032265_21173827.jpg







雨のたびに草は伸び、わが畑は草ぼうぼう

朝から夫と二人でくさむしり。

きれいになった畑は気持ちがよい。





f0032265_2119755.jpg
サラダ牛蒡


f0032265_21195480.jpg
ゴーヤ


f0032265_21202284.jpg
曲がった夏大根


f0032265_2121166.jpg
レタス


f0032265_21213760.jpg
トマト
f0032265_21455532.jpg
今夏新しい試みのナメクジ対策。
ビールの空き缶にナメクジ退治の薬を入れこんな風にしておくと
朝にはたくさん缶の中入って死んでいる。
缶を取り換えるのが少々かなり手間だが、なるだけ農薬をまきたくないもので・・・

他の野菜もコレ↑をしてからとっても元気になった。


f0032265_21224424.jpg
里芋


f0032265_21231053.jpg
三度豆


f0032265_2127396.jpg
きゅうり


f0032265_21281798.jpg
特に力を入れて作るスイカなのだが今年もまた先をこされてしまった。
f0032265_21294910.jpg
台所の窓から挙動不審なカラスを発見
急いで見に行くと・・・あ~あ、がっかり。

スイカが大好きで収穫を楽しみに作っているのだが
毎年そろそろ網を張ってもらわないと、と思っている矢先につつかれてしまうのだ。



f0032265_21413619.jpg
いちじく、みかんもたくさん実がついている
f0032265_2148176.jpg



ついでにマロンも参加
f0032265_2293679.jpg






       見よ。
       わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と
       種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与える。
       それがあなたがたの食物となる。
                              創世記1:29

# by mariko0204 | 2016-06-20 23:12 | | Comments(5)

捨てられない





ずーっと使ってないけど


f0032265_22522781.jpg
f0032265_22524021.jpg
f0032265_22525193.jpg



錆びた鉄が


うつくしい、とおもう


   ので



捨てられない
# by mariko0204 | 2016-05-20 23:03 | 暮らし | Comments(4)

きぬがさ山へ



わが家の裏を出たところから見える↓この山に
娘と二人

リュックに水とおにぎり、おやつとコーヒーを詰め
わたしは豆大福もしのばせて
登ってきた(29日)



標高433メートル
西国32番札所、観音正寺が山頂近くに建つ。






f0032265_21472780.jpg





ここは10年程前、山のボランティアでゴミ拾いや下草刈り、竹の伐採をした山だ。

たまに頂上まで登ってお茶をしたり
寒い冬には携帯コンロでお湯を沸かしてくれ
熱いスープをごちそうになったり

楽しい奉仕だったが
リーダーが兵庫へ引っ越して
会は自然消滅したのだった。


その少し前に
大きな山火事があり
お寺の本堂が消失

頂上付近一帯、木や草が真っ黒に焼け焦げ
はじめて見る山火事のすごさにみな言葉が出なかった。

あの頃は時々登山にも連れて行ってもらった。

初登山は無謀にも1000m級の霊仙山で
皆に着いて行くのが必至でどんな山だったか覚えていない。

赤坂山では
麓の町営の温泉に入るのが楽しみだったな~

あれ以来登山の機会はなく
山は四季折々の美しさを眺めるだけになった。


このところ
膝や腰の痛みがずいぶんよくなって
低い山からもう一度登ってみようかと思いついたのだ。





石馬寺の登り口からは百数十段の石段が続く。


f0032265_22154933.jpg


f0032265_2234282.jpg
低い山でも足元はしっかりと


f0032265_22282146.jpg
手作りの展望台からわが町が一望、天候によっては遠く鈴鹿山脈や伊吹山もみえるそうだ。



f0032265_20153311.jpg
三角地点



f0032265_2229121.jpg

地獄越えという峠
まっ黒だった丸太の階段がきれいに整備され



f0032265_2237390.jpg

一面焼け野原だったところに低いながらも木々が生えそろい

黒く焦げた切株から


f0032265_22311772.jpg

新しい芽が・・・

数年後には、一本の若木に成長することだろう。




f0032265_22301699.jpg

こちらは西の湖、内湖びわ湖をのぞむ   向こうには比良山も



f0032265_22423887.jpg


f0032265_2243423.jpg




参拝客で賑わう観音正寺を通り石寺へ
f0032265_22452315.jpg

苔むした石段を下りると教林坊の近くに出る。




うぐいすのきれいな鳴き声と、新緑の山をほぼ二人で独占したような
ぜいたくな山登りの一日だった。




      冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
      地には花が咲き乱れ
      歌の季節がやってきた。
      山鳩の声が、わたしたちの国に聞こえる。
                       雅歌2:11.12

# by mariko0204 | 2016-05-02 23:49 | 自然 | Comments(4)